You are here
Home > diary

継続価格は乗り出し120万円でした。

96年式のシボレーアストロに乗っていました。
継続価格は乗り出し120万円でした。3ご時世ほどのぼりましたが、連続費が高かったので下取りに出すことを考えました。
下取り事は、アストロを購入してマネージメントもお願いしていた個人のちっちゃなアメ車やさんだ。
事故歴のない車でいたが、下取りの価格はとても安く10万円でした。あまりの安さに驚いてしまいましたが、うちはまだいい方で、市場は5万円からだよ、と言われました。
念のため、webの下取り考察ウェブサイトもアストロの下取り価格を検索したり値踏みをだしたりしましたが、現在は製造されていなく、古くさいものが多いこと、アメリカの車は怪我が多く、呼び物がない事例、極めて燃費が悪いことなどから、一般には呼び物がないので、貰うときもそれなりに安かったですが、売る時はきっと代価がつかないそうです。
たまたま自身はアストロを欲しがっているコネクションがいるとのことで、相場の取り分け厳しい10万円という代価ですぐに下取りを流すことができました。

Top