You are here

伸びるホンダの中国向け自家用車

中国世界にホンダは積極的に力を入れてあり、近頃ホンダの自家用車で中国でしか発売されていない自家用車はXR-映像(日本のヴェぜルの構図一変自家用車)スピリア(2.4Lセダン)エリシオン(ゴージャスミニバン)、クライダー(1.8Lセダン)GREIZ(日本のグレイスの顔つきずれ)、掲載が確定しているアヴァンシア(名工SUV)といった、アキュラブランドのCDX(SUV)を加えると7モデルにもなっている。モデルの実質はセダン3、SUV3、ミニバン1となっており、適応からちっちゃい自家用車やフリードサイズのミニバンなどは中国には導入されていない。
一層今後も2014時代に北京モーター芝居で発表された考え方B (ハッチ背部)の製造モデル組み込みが確定している。
中国に対してホンダの力的にはアコードのハイブリッドが導入されたばかりで、適応のハイブリッドの組み込みが宣言されていない現状では、日本のようなハイブリッドがとりどりを占めるバリエーションになるには大いに時間がかかるのではないだろうか。

Top