You are here

自家用車はコントラストやシルエットで性格が見える

思いっ切り率直だったほうが、こんな自家用車を購入するなんて。そんなことを感じたことはないでしょうか?自家用車は、高額なオーダーで、数年乗り続けることを考えれば、前もって自分が一番気に入ったものを購入するのはナチュラル流れです。
シルエット・コントラスト・かざりなど、大勢を検討し、自家用車は飼主の性格を表したものになっていきます。シャープな空想があった人間も、穏やかな色あいの手厚いコントラスト、丸みのある外装を待ち焦がれる場合も手広く、心のメンタリティを見ているような気もしてくる。
人の上っ面だけでなく、メンタリティのパターンを見るには、クルマを見ると、いやに可愛く分かります。心理的な実行を逆手に取り、ぐっと活動的に恋い焦がれるという求めるなら、躍動発想を感じさせる色あいや形の物を愛用すれば、マインドが徐々に作用されてくるはずです。
具体的に、活動的な色あいなら、赤・黄・ブルー、落ち着いて活動したい場合は黒・白・シルバー・ネイビーなどが分かり易いと思います。高齢になると、落ち着いた色あいを好む特徴があり、同じ色あいの自家用車を求めるようになるのは、心の静寂を勧めてるのではないでしょうか。

Top