You are here

クルマの名義一変

クルマの名義変更は、クルマを購入した段階でディーラがやってくれます。
但し、個人的にクルマを周りから譲り受けたに関しては、自分でやらなければなりません。
多くの人がクルマの名義一変に自治体書士などを任せ、何万円も支払っていらっしゃる。
だが、自分でやれば案外プラスはかかりません。
意外と、車検エンブレムをクルマの名義人から受け取ります。
次に、統率の陸運局へ赴き、受け取り手続に必要なシートをもらってくる。
陸運局で受け取り手続きの提案をすれば、嘱託状といった受け取り免許をくれる。
こういうシートに、身ってクルマの名義ヤツ、それぞれがポイントを書き込み、実印を押します。
判は実印でなければならないので、注意しましょう。
そうして、心配も名義ヤツに判明示免許をとっておいてください。
次に警官に行き、車庫確定を取得します。
これは警察官が本当に見にくるため、手続契約までに数日間を要します。
指定日以降に警官に出向き、サプライされたシートやシールなどを受け取ってくる。
最後にそろえたシートを陸運局に提示すれば、クルマの名義変更は終わりだ。
さほど容易いのですが、何度も警官へ行ったり、陸運局へ行ったりなどが心配で、自治体書士に依頼するヤツが多いようです。

Top