背中の脂肪に気をつけよう

背中に自分では気がつかないうちにちょっとずつ脂肪が蓄積されてしまうことがあります。人から案外見られていて情景を左右するのが後姿だ。自分自身で確認することができないので、気にすることがようなのですが、ぴっちりとしたTシャツの背中に、ブラジャーからはみ出してしまって要る贅肉がくっきりとうつって掛かることが度々あります。きれいにドレスアップを通じていてもこれでは台無しです。そのうえ脂肪が背中に対して、丸まって前かがみになっているクライアントがいますが、これは老けて見えてしまう。その抵抗で若く見掛けるクライアントは、思考が素晴らしく、背中にだぶついたよけいな脂肪が無くすっきりとしてある。また余分な脂肪が背中においてしまうと、腰痛や肩こりの原因にもなります。まず脂肪がついてしまうと、背中の場合はツボや乗り物のように切り回すことが少ないのでどうしても取ることができません。背中に脂肪をつけないためには、日頃から背筋を伸ばして思考とことんあるくことが大切です。常に背中を意識する結果、脂肪がつき難くなります。先ずついてしまった背中の脂肪は結構取り除けません。背中を伸ばしてサッと動けば脂肪が背中に付くのを防ぐことができます。通常一家をするケースなどにも意識してみましょう。

Top